受験生の皆さんへ/to Student

校長室より~六浦祭のご案内~

受験生の小学生の皆さん
保護者の皆様

台風と雨いっぱいの今年の秋ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
さて、10月27日(金)と28日(土)の2日間、本校では「六浦祭」(文化祭)が開催されます。すでに、ご案内をさせていただいていますが、今日は特に本校の特色を示すイベントをご紹介します。

選択研修参加者によるプレゼンテーション
10月28日(土) 9:15~10:00
English Loungeで、選択制研修に参加した生徒たちによるプレゼンテーション(各編)が行われます。本校が唱える「感受性が柔軟なうちに…」について、生徒の経験を少しでも直接ご紹介できればと思います。

関東学院六浦英語フェスティバル
10月28日(土) 10:00~
座席等のリノベーションの完成した礼拝堂で、関東学院「六浦こども園・六浦小学校・六浦中高」合同開催での「関東学院六浦英語フェスティバル」があります。小中高連携の英語教育の一端をご紹介します。

地球市民講座ポスターセッション
10月27日(金) 9:30~15:30
10月28日(土) 9:30~15:30
2年生の3階フロアで、学校設定科目「地球市民講座」の発表があります。ポスターセッションです。全国的にも珍しいトピックで、学習テーマは「世界の国々を宗教の観点から理解しよう」です。学習の振り返りとしては、他国文化の理解と同時に日本の社会のあり様や自分の生活をあらためて知るという点を目指しています。
並行して2階フロアでは、1年生の発表があります。横浜の歴史、風物に関する調べ学習とフィールドワークの成果のプレゼンテーション大会です。

六浦は、2015年から独自に学校改革を進めています。この3年半、グローバル社会を学ぶ姿勢と10年後、20年後を見つめる学びの「素」と「基」の機会を作ってきましたが、今年の六浦祭ではその一端がご覧になれると思います。

多くの皆様のご来校をお待ちしています。
学校長 黒畑 勝男

2015年度から六浦がかわったこと
・国内外の社会の変化と、一方での2020年の大学入試を見据えながら、英語教育を転換(CLILの実践)し、「教科」としての英語から「生きる力」としての英語の学びへと変えました。
・学校設定科目の「地球市民講座」では、グローバル社会への新たな「気づき」を学習そのものと啓発的な学習動機にしてきています。
・生徒個々の成熟度や関心の違いに応える選択的研修旅行を有機的に設定してきています。